Luxor

●ルクソール●
カルナック神殿
Ma'bad Il-Karnak

マアバド・イル・カルナク

音と光のショー
 日没から3〜4回の別の言葉でショーが行われる。
 毎日行われ、解説言語も日本語、アラビア語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語。予告なくスケジュールが変わるため、注意が必要だ。

 英語とフランス語はだいたい毎日行われているようだ。2002.1.

ちなみにこの回は英語だった。

 遺跡の中を進みながらショーが行われる。少し歩いては立ち止まりと言う繰り返しなので空きっ腹にはちと辛いかも。
 スフィンクスの参道から第1塔門、第2塔門、柱の間を通り第3塔門から横へ抜ける。
 スカラベの脇を通って、聖なる池に設置された席から池越しにクライマックス。
 ラジオ劇風なものに、光が…

ちょっと(そうとう)寒かった。

バスでホテルへ帰る途中の
ルクソール神殿の夜景

2002.01.02